Welcome to my blog

放蕩記

車、グルメ、旅行、観劇、アート、ファッション、生活の品……そんな日々の放蕩の記録。価格と個人的評価を添えて。

READ MORE

See more details

マリーナ・ベイ・サンズ(あまりにも有名なホテルの詳しすぎるレポート)

Comment  0
(写真は全てクリックで拡大できます)あまりにも有名なホテルである(公式サイトhttps://jp.marinabaysands.com/)。シンガポールへのリピーターなら別のホテルという選択肢もあろうが、今回だけかもしれないのでこのホテルに決めた。マリーナベイサンズ(以下MBS)が2010年に誕生する以前なら、伝統と格式のラッフルズホテルがその選択肢の第一になっただろうが(ラッフルズは現在改装中で2017年12月中頃から2018年中頃までは全...

READ MORE

See more details

シンガポールフライヤー(アジア最大の観覧車の乗り心地は)

Comment  4
Picture of Singapore Flyer's Boarding Passシンガポールフライヤー(Singapore Flyer)は、シンガポールのマリーナ地区にある観覧車である。マリーナベイサンズホテルやマーライオンとともに現代シンガポールのアイコン的建築物となっている。2008年開業。高さは165mとアジア最大(それよりも大きい観覧車は、2014年にラスベガスに登場した「ハイローラー」167mと、2018年4月完成予定のドバイの「ドバイアイ」210m)。キャビン1...

READ MORE

See more details

CLUB 55 (マリーナベイサンズのクラブラウンジ)

Comment  0
言わずと知れた、現代のシンガポールを代表するホテル、マリーナベイサンズ(以下MBS)の詳細については他稿をご参照あれ。本稿では、クラブルーム以上という上級カテゴリーの宿泊者専用の食事処「CLUB55」について説明したい。もともとMBSは高級ホテルに属するが、2500室以上の部屋を持つ巨大ホテルである。これはラスベガスのカジノホテルが巨大ホテルであるのと同じ方向性のものだ。様々なアミューズメント施設や巨大なショッピ...

READ MORE

See more details

ジャンボシーフード(シンガポールと言えばチリクラブ。予約をしていても安心できないその訳とは…)

Comment  0
シンガポールと言えばチリクラブ(蟹1匹丸ごとチリソースで炒めたもの)らしいので、何軒かリサーチした上でこの店を予約した。ジャンボシーフードだけでも何軒かあるが、決め手は、味の評判と、川に面した夜景が綺麗であろうことと、ホームページのメニューが分かりやすかったことなどである。予約はネットで行ったが、景色を見るためテラス席をリクエストした。その回答には、1時間15分の間に食事を終わらせる時間指定と、テラ...

READ MORE

See more details

Waku Ghin (世界の和久田哲也シェフの店、シンガポール超高級鉄板焼き和食の評価は…)

Comment  0
巨大なホテル「マリーナベイサンズ」に付随する巨大なショッピングセンターの一部に巨大なカジノのエリアがある。そのエリアは4層構造の円形で、地下1階から3階までのカジノが吹き抜けになっている。つまり地下1階がカジノの1階であり、カジノの2階から4階までは回廊状になっていて1階部分を見下ろすような構造である。カジノの1階は喫煙可能エリアなので微かにタバコの臭いがする。2階は禁煙エリア。3階4階は高額な掛...