Welcome to my blog

放蕩記

Category: 旅

READ MORE

See more details

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海 / 絶景の欧風旅館

Comment  0
Hiramatsu熱海(THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海)は2016年10月にオープンしたばかりの欧風旅館。レストランで有名な「ひらまつ」の直営である。この場所には30年前に建てられた別荘があり、ひらまつがそれを購入し、その建物はほぼそのまま活かしつつ、金閣寺の茶室なども手がけた木下孝一棟梁により宿泊施設を増築され全13室のスモールラグジュアリーホテルとしたものである。従来の別荘部分はエントランスからレストランな...

READ MORE

See more details

ザ・セレスティン銀座 / 高品位なビジネスホテル

Comment  0
ザ・セレスティン銀座は2017年10月にオープンしたばかりの新しいホテルだ。タクシー運転手で知っている人はいないしナビにも載っていない。行先を告げる時は「銀座8丁目4-22(22はまだナビにないので21でもいい)」と告げるか「元、日航ホテルがあったところ」と言えば分かるだろう。電車なら新橋駅から徒歩3分。経営は三井不動産。三井不動産と言えばハワイのハレクラニや、マンダリンオリエンタル東京、リッツカールトン東京、...

READ MORE

See more details

ロオジエ / 素晴らしい体験としてのレストラン

Comment  0
昔何かの雑誌の連載でロオジエのことが書かれていたことを思い出す。そのせいだろうか、その名はいささかの憧れの念と紐付けされているのだ。いくつかのレストランに行ったが、ロオジエを訪れるのは今回が初めて。それはたまたまなのだが、いつか訪れる時のために残しておいたような気もする。一番好きな食べ物を最後まで残しておくことがあるように。 クリスマスシーズン直前の土曜日の夜だ。抜かりなく予約可能開始日に予約を入...

READ MORE

See more details

江之浦測候所 / 杉本博司の天才ぶり

Comment  0
杉本博司の天才ぶりが遺憾無く発揮されている。江之浦測候所は杉本の個人的な美術館のような場所だ。杉本博司は海の水平線を写した「海景」シリーズなどで知られる世界的に著名な写真家。写真と言っても杉本の作品は一種のコンセプチュアルアートであり、現代美術と位置付けられている。2002年に直島での家プロジェクトで「護王神社」を発表してからは建築家としても知られる。私がファンになったのもまさに護王神社からであり、直...

READ MORE

See more details

マリーナ・ベイ・サンズ(あまりにも有名なホテルの詳しすぎるレポート)

Comment  0
(写真は全てクリックで拡大できます)あまりにも有名なホテルである(公式サイトhttps://jp.marinabaysands.com/)。シンガポールへのリピーターなら別のホテルという選択肢もあろうが、今回だけかもしれないのでこのホテルに決めた。マリーナベイサンズ(以下MBS)が2010年に誕生する以前なら、伝統と格式のラッフルズホテルがその選択肢の第一になっただろうが(ラッフルズは現在改装中で2017年12月中頃から2018年中頃までは全...

READ MORE

See more details

シンガポールフライヤー(アジア最大の観覧車の乗り心地は)

Comment  6
Picture of Singapore Flyer's Boarding Passシンガポールフライヤー(Singapore Flyer)は、シンガポールのマリーナ地区にある観覧車である。マリーナベイサンズホテルやマーライオンとともに現代シンガポールのアイコン的建築物となっている。2008年開業。高さは165mとアジア最大(それよりも大きい観覧車は、2014年にラスベガスに登場した「ハイローラー」167mと、2018年4月完成予定のドバイの「ドバイアイ」210m)。キャビン1...

READ MORE

See more details

CLUB 55 (マリーナベイサンズのクラブラウンジ)

Comment  0
言わずと知れた、現代のシンガポールを代表するホテル、マリーナベイサンズ(以下MBS)の詳細については他稿をご参照あれ。本稿では、クラブルーム以上という上級カテゴリーの宿泊者専用の食事処「CLUB55」について説明したい。もともとMBSは高級ホテルに属するが、2500室以上の部屋を持つ巨大ホテルである。これはラスベガスのカジノホテルが巨大ホテルであるのと同じ方向性のものだ。様々なアミューズメント施設や巨大なショッピ...

READ MORE

See more details

ジャンボシーフード(シンガポールと言えばチリクラブ。予約をしていても安心できないその訳とは…)

Comment  0
シンガポールと言えばチリクラブ(蟹1匹丸ごとチリソースで炒めたもの)らしいので、何軒かリサーチした上でこの店を予約した。ジャンボシーフードだけでも何軒かあるが、決め手は、味の評判と、川に面した夜景が綺麗であろうことと、ホームページのメニューが分かりやすかったことなどである。予約はネットで行ったが、景色を見るためテラス席をリクエストした。その回答には、1時間15分の間に食事を終わらせる時間指定と、テラ...

READ MORE

See more details

Waku Ghin (世界の和久田哲也シェフの店、シンガポール超高級鉄板焼き和食の評価は…)

Comment  0
巨大なホテル「マリーナベイサンズ」に付随する巨大なショッピングセンターの一部に巨大なカジノのエリアがある。そのエリアは4層構造の円形で、地下1階から3階までのカジノが吹き抜けになっている。つまり地下1階がカジノの1階であり、カジノの2階から4階までは回廊状になっていて1階部分を見下ろすような構造である。カジノの1階は喫煙可能エリアなので微かにタバコの臭いがする。2階は禁煙エリア。3階4階は高額な掛...

READ MORE

See more details

東京ステーションホテル(2)(定宿にしたいホテル)

Comment  0
東京ステーションホテル、2年半ぶり2回目の利用となった。前回のレポートでは、新幹線を八重洲口から出て丸の内口へ抜ける通路を通り、丸の内口からホテルのエントランスに入るという不便を指摘した。多くの方には常識かもしれないが、今回新幹線でも丸の内口から出る方法でアクセスしたので追記したい。そもそも東京駅までの切符ではなく東京都内有効の切符にすれば問題なく丸の内口から出ることができるが、EX予約の場合それがで...