Welcome to my blog

放蕩記

アマンキラ(1)楽園の始まり

2008年8月のバリ旅行。アマンリゾートに宿泊したいと思いネット検索していたところ、旅行会社マゼランリゾーツを知りました。担当の山田真琴さんとのメールでやり取りを通して今回の旅行計画を立てました。 私たちは、夫婦と大学生の娘二人。インドネシアは初めてです。時期は北京オリンピックで盛り上がるお盆の真っ最中。航空機はバリへの直行便が無いのが難点ですが、セントレアからの利便性と安全性の評価を優先してシンガポ...

白川郷 / 五箇山

2016年12月、金沢に宿泊した際に一足伸ばして白川郷へと計画しました。ご存知白川郷は1995年に世界遺産に登録された合掌造り集落です。金沢は石川県、白川郷は岐阜県です。同時に世界遺産に登録された合掌造り集落の五箇山は富山県です。しかし白川郷と五箇山は共に金沢観光の定番として知られています。金沢から白川郷までは75km車で1時間、五箇山も58km車で1時間の距離だからです。金沢へは自家用車で来たのですが、楽をしたいた...

中尊寺へ

中尊寺を含む「平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」が2011年東北初のユネスコ世界文化遺産に登録されました。12世紀初め平泉を拠点に東北地方を支配していた藤原氏が作り上げたものです。中でも中尊寺の金色堂は有名で、1124年の造立。現存する唯一の創建遺構です。堂全体を金箔で覆い、螺鈿細工、蒔絵、彫金で金色に輝いています。仙台駅から岩手県平泉にある中尊寺に行く方法は鉄道やバスがありますが、乗り換えの...

ホテルメトロポリタン仙台イースト / JRホテルグループ

ホテルメトロポリタン仙台イーストは、2017年6月に開業したJRホテルグループのホテルです。仙台には従来よりホテルメトロポリタン仙台が仙台駅西口(駅正面側)にありましたが、今回駅裏にあたる東口にイーストが誕生したというわけです。全室禁煙、バス・トイレ別の客室、宿泊者限定のラウンジやフィットネスルームもあります。しかし何と言ってもJRホテルグループの最大の利点はアクセスの良さ。このホテルもJR仙台駅に直結して...

グランクラス / 東北新幹線

名古屋から青森までは県営名古屋空港からFDAでたった1時間20分で到着できる。料金は¥15,000ぐらい。青森からの帰路では、仙台で所用があったため、あえて鉄道を選択した。青森県の八戸から宮城県の仙台まで東北新幹線。仙台で1泊して仙台から東京まで東北新幹線。東京から名古屋まで東海道新幹線というわけだ。乗車時間を合計すると4時間30分ぐらいになる。これだけでも飛行機の優位が明らかだが、今回グランクラス2回とグリーンを...

西洋膳処「奥入瀬」 / 奥入瀬渓流ホテルのレストラン

奥入瀬渓流ホテルのメインレストラン。ビュッフェでの食事付き宿泊プランに一人¥7,500程度上乗せして利用した。「明治期に誕生した洋食を日本人の舌に合うよう会席仕立てにしたコース料理。奥入瀬の四季を彷彿させる青森の伝統工芸。新しいのに懐かしいをコンセプトとする津軽金山焼きのプレート、鮮やかに光る津軽びいどろのナプキンリングなど、ノスタルジックな雰囲気の空間で心が解き放たれます」というのがコンセプトとのこと...

奥入瀬渓流ホテル / 星野リゾートの面目躍如

(写真はクリックで拡大)2018年5月に青森を訪れた目的の一つに奥入瀬渓流観光がある。奥入瀬渓流ホテルは奥入瀬渓流の入り口に建つ星野リゾートの温泉ホテルである。ここで一つ奥入瀬渓流について復習しておこう。十和田湖の決壊によって数秒で完成したと言われる奥入瀬川の十和田湖から奥入瀬渓流ホテル近くまでの14kmの部分が「奥入瀬渓流」と呼ばれている。奥入瀬渓流は主に4つの指定を受けている『1)国立公園 2)特別名勝...

十和田市現代美術館 / ワクワクさせる常設展示

(写真はクリックで拡大)2018年5月、GWも終わった週に青森県を訪れた。旅の目的の一つは十和田市現代美術館。金沢21世紀美術館、豊島美術館、千住博美術館などですっかりファンとなった西沢立衞の建築と聞けば行かずにはおられないい。常設展示の一つにロン・ミュエクの作品があることは知っていたので、同行する妻に一度ロン・ミュエクを見せてあげたいという気持ちもあった。十和田市現代美術館のある通りは、桜と赤松が並ぶま...

はづ合掌 / 築200年の合掌造りに泊まる

2018年3月の休前日はあいにくの雨。でも雨は雨なりに風情があるというもの。関東では雪も降るような寒の戻りの日に、予約してある宿に向かいます。名古屋インターから新東名の新城まで50分、そこから宿まで車で15分の距離。同じ県とは思えない景色の違い。そんな原生林が茂る槙原渓谷にこの宿はあります。ナビの指示通り行けばアクセスを迷うことはないでしょう。宿の敷地内に車を停めますと、さっそく傘を持った作務衣姿の方が駆...

京都センチュリーホテル / お値打ちな高級感

京都センチュリーホテルは、京都駅中央口の東、小道を挟んだすぐ隣に位置するホテルだ。経営母体は京都タワーや京阪電車などを運営するKEIHANで、前身は1928年開業の「京都ステーションホテル」という歴史あるホテルである。現在2018年11月まで改装工事中であるが、今回こちらでパーティーがあり宿泊することにした。一人での宿泊のため最小限で「グランコンフォート スタンダードダブル 18平米」を予約。1泊、2万2千円ほど。...