Welcome to my blog

放蕩記

Archive: 2010年03月

READ MORE

See more details

アビテックス / YAMAHA防音室

Comment  2
娘たちは母が子供の頃から愛用してきたアップライトピアノを弾いて育ったが、高校3年の長女が音大を受験することになりグランドピアノを購入することになった。それに伴い2005年、一軒家とは言うものの深夜にピアノの音が洩れるのは問題なので防音室を作ることになった。ピアノはYAMAHAグランドピアノの中位機種のC3、防音室はYAMAHAのアビテックスのルームタイプを購入した。防音性能はDr等級で示され、数字が大きいほど効果が強...

READ MORE

See more details

Cone Diffuser / 超音波アロマディフューザー

Comment  0
アロマディフューザーは超音波でミストを作るタイプのアロマポットで、最近流行なのだろうか、デパートや雑貨店でよく見かける。コーンディフューザーという名前のこの商品は、高島屋のハーブティー専門店で買い物した折、手頃な値段とシンプルで扱いやすい形に惹かれて衝動買いした。三角錐の蓋を開け、水を80mL、そこにオマケで付いてきた専用アロマオイルを1-2滴入れる。スイッチを入れるとたちまちてっぺんからミストが立ち上...

READ MORE

See more details

ベラージオ・宿泊記

Comment  1
ベラージオは私が最も好きなホテルの一つで、3回ほど利用した。ラスベガスだけでなく世界を代表するホテルと言っても過言ではないだろう。旅行雑誌などで「ベラッジオ」と表記されることがあるが公式サイトの表記は「ベラージオ」。北イタリアの著明な観光地コモ湖畔の町、ベラージオをイメージして作られた。アメリカ人のイタリアへの憧れが感じられる。客室数は約4000で巨大(日本一は品川プリンスの3600室、しかしラスベガスに...

READ MORE

See more details

すぺいん / 浜松市のスペイン料理店

Comment  2
35年間、同じシェフとウエイトレスで、変わらぬ味の料理を出し続け、お客に親しまれている店があったらどうだろう。その店は間違いなく美味く、素敵な雰囲気だ。そんな店が浜松市にもある。スペイン料理の「すぺいん」だ。元城町のリッチモンドホテルの裏、アルスパーキングの目の前にある。店内は薄暗い。どっしりした木製のテーブルと椅子、古いワイン瓶が並び、年季の入ったスペインのポスターなどが貼られている。20席程度の小...

READ MORE

See more details

アトリエ・インカーブ展

Comment  0
アトリエ・インカーブ展を浜松市美術館で見た。凄すぎて言葉もない。出てくる感嘆表現は、ため息でも涙でもなく、笑い。圧倒されると笑えてくるものなのですね。そして私は思わず「あんたには勝てない」とつぶやいていた。アトリエ・インカーブとは大阪市にある知的障害者のための福祉施設で、ここに通院する障害者はアトリエでアート作品を制作している。これらの作品はまず2005年ニューヨークで注目され、以後シカゴ、サンフラン...

READ MORE

See more details

SECOM / ホームセキュリティー

Comment  0
我が家のある地区は閑静な住宅街であった。交通量の多い道路との間には雑木林があり車の音も聞こえない。休日の朝ともなれば野鳥のさえずりで目覚め、山のリゾートに居るかのようだった。しかし近所には数校の大学があるため教育地区として発展し、小学校も新設され、大型スーパーやレストランなど次々と作られ、道路が整備され、新興住宅地区として急速に発達してきた。ついに我が家の周囲にも開発の波は押し寄せ、雑木林は切り倒...

READ MORE

See more details

KAZU / あんかけスパ

Comment  2
あんかけスパというネーミングが嫌いだ。食べたことのない人に誤解を与えるからだ。名古屋人には敢えて言うまでもないことだが「あんかけスパ」とは「中華風甘辛のあんかけ」や「あんこのような甘いあんをかけたスパゲッティ」のことではない。胡椒辛いとろみのあるソースを、旨みあるラードで炒めたスパゲッティにかけた名古屋独自の郷土料理だ。どうして「名古屋スパ」という名前にしなかったのか残念でならない。「ちょっと待っ...

READ MORE

See more details

とろろ庵 / 自然薯料理専門店

Comment  0
とろろ料理は自然薯製に限る。自然薯のとろろは瀬戸市の郷土料理。ということで、瀬戸市の「とろろ庵」は専門店として貴重な存在。でも最近、夜は土日祝日のみということでちょっと寂しい。庶民的なお店だが、店員さんは言葉遣いが丁寧でとても愛想が良い。メニューは定食形式が頼みやすい。1200円程度のお得なセットでも自然薯料理と自家製豆腐料理のエッセンスが楽しめる。一番のお薦めはやはりとろろを麦飯にかけて食べる「麦と...

READ MORE

See more details

ベネッセハウス・宿泊記

Comment  2
(安藤忠雄とジェームス・タレルの共同作品「南寺」入り口)そもそも日本人は建築家を尊敬しているだろうか? かく言う私も数年前までは建築家を意識したことはない。例えばガウディなら知っていた。しかし我々がガウディに対するのと同じぐらいの憧れを欧米人が安藤忠雄に抱いているとは知らなかった。安藤忠雄が海外で講演すると、まるで宮崎駿が講演したかのように熱狂的な聴衆によってサイン攻めにあうそうだ。また例えば東南...

READ MORE

See more details

碧落 (Hekiraku) / Tea Bar

Comment  0
中国茶の専門店「Tea Bar 碧落」は我が家から徒歩数分の所にある。名古屋にあるとは思えないほどセンスの良い店だ。名古屋じゃないならどこにあるような店かというと、例えばヨーロッパのデザインホテルなんかどうかな。日本なら直島のベネッセホテルなどにあるとぴったりだろうな。誰が建てたのか調べたら甲村健一という人で相当な人のようだ。3台ほどの駐車場から階段を上り入り口へ向かう。上の写真は階段を上ってエントランス...