Welcome to my blog

放蕩記

Archive: 2010年11月

READ MORE

See more details

梶川 / 懐石・名古屋

Comment  0
名古屋で最も予約が取れないと噂の梶川へ、先日常連のご夫婦に誘われて行きました。家内が飲まないので車で行きましたが、駐車場は近くのコンビニ横の駐車場内に3台分あります。雑居ビルの1階にひっそりと佇む小さい店。通りに面した板塀の内側には店内から見える坪庭があります。木戸をくぐると落ち着いた暖かい照明の中、ジャズが流れ、カウンター8席(最大9席)だけの向こうでは竹野内豊にそっくりな店主が、先客への仕事に...

READ MORE

See more details

スーツァンレストラン陳(2) / 名古屋

Comment  0
スーツァンレストラン陳のレポートは2回目となる。この日のディナーコースは7品で6300円の「富順」、8品で9450円の「成都」、8品で12600円の「宜賓」。量的には「富順」だが食材は「成都」の方がずっと良さそうだったのでこちらにした。1)オードブル 棒棒鶏、牡蛎、いろいろ野菜、ビーフジャーキー中華風、クラゲ2)松茸と蕪のみぞれスープ 今年の松茸豊作と関連があるかどうかは知らないが、松茸たっぷり、しっかり味が出て...

READ MORE

See more details

リャド画集 / CASA MVSEV J.TORRENTS LLADO

Comment  0
リャドの新しい画集が発表された。ホアキン・トレンツ・リャドはガレリア・プロバ社長、鈴木洋樹氏によって1990年に初めて日本に紹介され、瞬く間に日本人の心をつかんだ画家だった。しかし天才にありがちなことだが、1993年、才能の絶頂を極めていた最中、47才の若さで大動脈瘤破裂によって急逝したのだった。それから約20年。リャドの遺作の多くはプロバによって版画化され我が国に数多く流通し、リャドの死を惜しむ声が止む事は...