Welcome to my blog

放蕩記

Article page

ポルシェ・ケイマン

Category - ポルシェ
cay.jpg

近の買い物でとても気に入っている物にポルシェ・ケイマンがある。ケイマンは二人乗りで、車体の中央にエンジンがあるミッドシップのスポーツカーだ。値段は800万円ぐらいで、ポルシェのラインナップではオープンカーのボクスターと並んで比較的安い。しかし質感はポルシェの代名詞である911と差はなく、エンジンを後ろに積む911とは違ったカテゴリーの車であり、一概に911の廉価版とは言えないところも魅力的。

マイナーチェンジによって外観が少し変わり、エンジン性能が向上し、オートマチックにはPDKという新しい技術が導入された。2008年12月、日本でその2009年モデルが受注開始となったまさにその日、購買を予感しながら、以前旧ケイマンを試乗したポルシェセンターに家内と二人で行ってみた。そして担当者と話した後に、まずはそのスタイリングに惚れ込んでしまい、即決したのだった。私たちの買い物は得てしてそんな感じ。この写真の家もそう。イナックスのベルパーチというアースカラーが深みあるタイルと、ミサワの美しいデザインに惚れ込んで即決に近い状態で決めたのだ。その甲斐あり、建ててからもう17年以上経つがいまだに惚れ惚れする。

とにかくそのケイマンだが、エンジンはノーマルタイプ、外装色はキャララホワイトという真っ白、内装はベージュのレザー、日本で乗るなら頑として右ハンドル派、いくつかオプションをつけ、タイヤとホイールを大きい物に変えた。ポルシェのような車では値引き交渉など無駄だと聞いていたが、一応聞いてみたところ、受注開始その日にもかかわらず5万円ほどの値引きと6万円のコーティングサービスが即答だったのでかえって驚いた。その店ではすでに2件の注文があったそうで私が3件目。そんなに景気ってよかったっけ? いずれにしてもこの新車に日本で最も早く乗る一群に加わったことは確かなようだ。受注生産のため実際の生産はドイツの工場で2月から始まり、船積みされ、日本に届き、2009年5月の納車まで実に6ヶ月かかったのだった。それぞれの過程毎にディーラーからはポストカードで報告が入るという粋な演出がなされた。まず予約金を払い、残りは納車直前にキャッシュで支払った。

実に美しい車だと思う。我が家のイケメンとして可愛がられている。ヒップラインはグラマラスでセクシー。フロントは(ケイマンという名前の通り)ワニ顔だがスヌーピーにも見えなくもない。休日ともなればこれに乗ってのドライブが趣味となった。どこに行っても注目の的で、特に年齢にかかわらず男性の視線を集める。そんな人気者。

価 格:約850万円
満足感:星5

cay2.jpg

Category - ポルシェ

2 Comments

carrarawhite  

はじめまして!

Dr.Takaboさん、こんにちは!

はじめまして。
07MY(Model Year)ケイマンに乗っておりますcarrarawhiteといいます。

ステキなお住まいと白いケイマン....絵に描いたような写真にうっとりです!

わたしはケイマンのブログをはじめて2年半ぐらいになりますが、このケイマンというクルマ、乗ってよし、デザインよしで大変気に入っています。

神戸を基点に、年に数回ツーリングやオフも行っていますので、御縁がありましたら、よろしくお願いいたします!

2010/02/03 (Wed) 16:21 | EDIT | REPLY |   

Dr.Takabo  

ありがとうございました

>carrarawhiteさん
コメント第一号、誠にありがとうございました。carrarawhiteさんのブログも拝見させて頂きましたが、とても素敵なキャララホワイトのCaymanSですね!そのブログの記事からはcarrarawhiteさんがCaymanを大好きな気持ちが伝わりました。今後ともお見知りおき、よろしくお願い致します。

2010/02/03 (Wed) 21:34 | REPLY |   

Post a comment