Welcome to my blog

放蕩記

Article page

金 / 地金

Category - 
gold.jpg

がこのブログのテーマとしての買い物に当たるかどうかは微妙だが商品には違いない。銀行預金だって金融商品だ。むしろ満を持して取り上げると言ってもよかろう。

金価格は最近の相場では1gで4800円前後となっている(1円玉が1gなのでそれが4800円だと想像してみると高価さを想像し易い)。1年前は3800円前後だったので、もの凄い上がり方だ。1kgの地金を380万円で買っていたとして、1年後に480万円になったということだ。1年で100万円の利益。銀行預金1年定期は良くて0.3%。380万円預けて1万円の利子。その差は99万円にもなる。

金の価格は上がったり下がったりする。しかし長期的に見れば必ず上がっている。次のグラフは青がロンドン市場、赤が日本国内市場での金の価格だが(円高や円安の為替変動によって青と赤の差は大きくなったり小さくなったりする)いずれにしても長期的には上がり続けていることを示している。
gold2.gif

なぜそのように価格が上がり続けるのか。その原因の一つは金の希少性にある。人類がこれまでに掘り出した金の総量は15万トンぐらいで、今後地球全てを掘り返して得られる総量は6万トンぐらい(オリンピックプール1杯分)だと考えられている。

金が貴金属の代名詞となるのはその性質にもある。酸化しないので空気中や水中でも錆びずに輝きが失われることがない。金を溶かすためには人工的に作られた王水(濃塩酸と濃硝酸の3対1の混合液)を使うしかない。熱に対しては融点が1060℃で溶けるが、沸点が2850℃なので火事でも焼失することはない。冷えて固まれば価値が変わることなくまたもとの金にもどる。阪神大震災のときに燃え出された金庫から、灰になった紙幣と溶けて固まった金が発見されたというニュースが流れたとのこと。紙幣は焼失したが、金の価値は変わらなかった。

金は現物資産だと言われる。お金は通常は通貨のことを指すが、通貨というのはそれを発行している国家がその価値を保証している間だけお金として存在するが、保証できなくなれば紙切れとなってしまう。株式などと同様に実はバーチャルで危ういものだ。しかし金は、国家が破綻したとしても、全く価値が変わらず存在し、好きな国に行って売れば世界基準の価値でその国の通貨に交換できるであろう。

では金は絶対安全な資産なのだろうか。近年中のドルの暴落と世界恐慌突入を説く経済学者の副島隆彦も金の購入を勧める一人だが、彼によると近々「金の個人取引禁止法」が施行される危険があるとのこと。アメリカでの「金融規制改革法」別名「ドッド・フランク法」の本格的な施行である。そうなると個人による金などの貴金属の売買が禁止される。副島は金の売買が法律で規制されるなどということは憲法違反であると強く抗議しているが、同時にまた国家という恐ろしい権力機関はどんなことでもやりかねないと警鐘を鳴らす。だがたとえアメリカと、その属国である日本がそのような体制になったとしても、新興国が従うはずはない。金の世界通貨としての価値は不変であろう。

三菱は世界で流通が保証されている金メーカーの一つだ。写真は三菱の1kgの地金(じがね)だ。よく言われる金の延べ棒は地金のことを指す。表面には、金塊番号(写真では削除した)、商標(三菱のマーク)、重量表示(1kg)、素材表示(FINE GOLD=純金)、製錬・分析者マーク、品位表示(純度99.99%)が刻印されている。金は重い金属だ。鉄の2.5倍、水の20倍の重さを持つ。1kgの地金は縦118×横54×厚8mmで携帯電話とほぼ同じぐらいなので、携帯電話を想像して掌に乗せると想像を超えるずっしりとした重さに軽い衝撃を受ける。その重さもまた金の魅力の一つと言えるのかもしれない。

敢えて金の欠点をあげるとすれば、現物資産故の保管のリスクであろうか。盗難の危険性があるが、現金と違って銀行口座に預金することができない。しかし三菱マテリアルや田中貴金属など大手の金商店では購入した金を保管してくれるサービス(有料)があるし、銀行の貸金庫を使うという手もある。いつでも好きなときに自宅の金庫から取り出して、その輝きを愛でたいという趣味の人以外ならばそれで問題はなかろう。

Category - 

2 Comments

451f  

gold

一年前の今頃、「グルーポン」と「金」の広告がネット上に溢れ返っていたのを思い出します。
ツイッターで専門家とおぼしき人が「金は日本ではそろそろ最後のバブルがくるから、その頃またネット上に広告が溢れ返るはず」と、予言していたような……。
たかぼさんが挙げた以外のリスクでは、一介の鉱物に過ぎないので、それ自体は利息を生まないというあたりもありますね。
にしても、話題が幅広いブログです。

2012/03/11 (Sun) 02:38 | EDIT | REPLY |   

管理人  

Re: gold

>451fさん
コメントありがとうございます。専門的に勉強していない私などには、経済学というものは分けの分からないものです。現代は様々な金融商品があり、裏で世界を動かしているようですね。お金というものは非常に身近なものでありながら、得体の知れない不可解な存在なのだなと思います。それに比べれば、金やプラチナなどの貴金属、様々なレアメタルは、仰る通り一介の鉱物に過ぎないので、多少は理解し易いように思います。

2012/03/11 (Sun) 03:03 | REPLY |   

Post a comment