Welcome to my blog

放蕩記

Article page

ノートルダム・ド・パリ / Notre Dame De Paris Japan Tour 2013

Category - 
poster.jpg

ュージカル「ノートルダム・ド・パリ」は1998年フランスで初上演されてから15年、15カ国以上で上演され観客数800万人を超えているそうです。原作はヴィクトル・ユーゴーの同名小説で「ノートルダムのせむし男」という名でも知られ、ディズニーアニメ「ノートルダムの鐘」も有名です。それぞれのパフォーマーが歌って踊るというミュージカルの本場ブロードウェイの作品との差別化を図るため、歌手とダンサーを完全に分離したというのが「ノートルダム・ド・パリ」の特徴とされています。また「十戒」「ロミオとジュリエット」へと続く「スペクタクル・ミュージカル」の草分けとされ、大がかりな舞台装置やアクロバティックな演出がなされています。

今回英語版(日本語字幕)の2013年ジャパンツアーが、2月27日から3月17日に東京渋谷ヒカリエ11Fのシアター・オーブで、3月21日から24日に大阪梅田芸術劇場で、4月5日から7日に名古屋愛知県芸術劇場で開催されます。ということで名古屋でも開催されるのですが、せっかくなので昨年できたばかりのヒカリエ、ならびにシアター・オーブで一足先に観てみたいということで行ってきました。

まず公演のチケットは当然ネットでゲット。自分の都合上日曜日しか行けないので日にちが限られてます。S席(12,000円)2人分でなるべく良い席で。東京までは日帰りのぞみグリーン。新幹線のチケットはエクスプレス予約しかないですね。一度使ったらやめられません。パソコンからでも携帯からでもあっという間に好きな座席が確保できますし変更もできますしポイントもたまっちゃう。それにしてものぞみグリーンは楽ちん。1時間半で着いてしまうので早すぎるぐらい。座席に添えられている雑誌「WEDGE」と「ひととき」を読み終える間もありません。品川で降りて山手線で渋谷。2階の通路を歩いてヒカリエへ。この日は東急東横線の引越が近いとあって駅に向けてカメラを構えた人を何人も見かけました。

ヒカリエ見物もかねてぶらぶらします。昨年完成した時には全国ニュースにもなった商業施設なのですが…たいしたことないですね。この程度の施設なら今や日本中どこにでもあると言っても過言ではないでしょう。日本の文化レベルが均一化して田舎と都会の差が少なくなっているような気がします。東京と地方との差が少なくなってきているというのはすごいことなのかもしれませんが。ヒカリエのレストラン街はお昼前だというのにどこの店も長蛇の列で、並んでいる人達が気の毒になってしまいました。

シアター・オーブの入り口は11Fにあります。11Fにはカフェ、レストラン、ローソンがあります。入場前にカフェでスパークリングワインなど飲みました(シアター内にもカフェがあったのでそれでもよかったのですが)。シアターへは長いエスカレーターで13Fまで一気に上ります。高層階の全面ガラス窓からは見晴らしが良く、渋谷の空が近いです(この日は「煙霧」で曇ってましたが)。シアターのホワイエ(エントランスから劇場までの空間)には、旧東急文化会館の映画館「渋谷パンテオン」に掛けられていた近代建築の巨匠ル・コルビュジェの緞帳が1/5で再現されています。シアターは1972席の最大級のミュージカル劇場とのこと。同じくノートルダム・ド・パリが予定されている名古屋の芸術劇場大ホールの本格的オペラハウス仕様(2500席)と比べると見劣りがしますが、まあミュージカルやコンサートには丁度良いサイズでしょう。座席の広さは普通からやや狭い。足許の余裕はやや少ない。 前席との段差ももう少しほしいところです。シネコンの映画館のような質感で良くも悪くもありません。高級感はないですね。

DSCF3503.jpg
高層階の窓からは渋谷が一望。シアター内にもカフェがあります。

DSCF3500.jpg
ホワイエ壁面で異彩を放つ「ル・コルビュジェの緞帳」1/5スケール。川島織物による西陣織。

DSCF3502.jpg

この作品はスペクタクル・ミュージカルを世界的流行にした立役者とのこと。全2幕、2時間半(休憩20分)で全50曲をほとんど歌いっぱなし(舞台の両横の電光掲示板に日本語字幕が出ます)。ブレイクダンスなどのダンスも取り入れ、シルク・ド・ソレイユほどではないけれどアクロバティックな演出もあります。しかしシルクを見慣れてしまった私たちには舞台装置やアクロバティックな演出も少々もの足りず、時代遅れ気味とさえ感じてしまいます。歌唱力はもちろん素晴らしいのですが、生演奏ではないので悪く言えば大規模なカラオケとも言えるわけで… 50曲もの中では退屈してしまう場面もありました。ストーリー自体は時代遅れの変な話ですので感情移入が困難なのは別として。それに引き替えカーテンコールは良かった。代表曲の生歌を披露。カーテンコールの間は撮影が許可されましたので撮影したものを公開します。カーテンコールが一番よかったかも(^^)

Category - 

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/08/19 (Mon) 18:11 | REPLY |   

Post a comment