Welcome to my blog

放蕩記

Article page

アマンキラ・宿泊記

kila1.jpg

マンキラには2008年夏に家族4人で宿泊した。アマンキラとは世界に約20ヶ所、インドネシアに5つ、バリ島に3つあるアマンリゾーツの1つである。アマンリゾーツとはエイドリアン・ゼッカが1988年、タイのプーケットに従来にないタイプの高級リゾートホテル、アマンプリを誕生させて以来、アジアを中心として展開するラグジュアリーリゾートで、ホテル界最高のブランドである。1つのリゾートにあるヴィラの数は多くても50棟ぐらいまでという少人数の宿泊者に対して、その数倍のスタッフを配する徹底したホスピタリティが自慢。またエド・タートルをはじめとする著名な建築家による自然と調和したシンプルで美しい建築も人を惹きつけて止まない。宿泊費は高額で世界のセレブ御用達とのことである。

エイドリアン・ゼッカがインドネシア出身であることも関係するかどうか知らないが、アマンの数はインドネシアが最も多い。中でも観光王国バリ島には3つものアマンがあるのは先に記した通りだが、そのどれもが高い評価を得ている。バリの空港から最も離れた場所に位置するのがアマンキラ。といってもアマンの送迎車で約1時間で到着する。バリの中心地から離れているだけあって周囲は自然に囲まれ、そういう意味でのリゾート感は一番だろう。この地でよく見かけるライステラス(棚田)を模した3段プールが、インド洋に向かって水平線を描くインフィニティープールは余りにも有名だ。すぐにお気づきのことと思うが色々なアイテムが左右対称に並んでいる。

kila2.jpg

このシンメトリーの構造はプールだけでなくヴィラなど随所に見受けられる。これがエド・タートルの美学である。アマンキラには全室スイートのヴィラが30棟ほどある。今回私たちが宿泊したのはテラス続きでコネクティングにできる数少ない2棟。夫婦はプール付きのプールスイート、子供達は海の見えるオーシャンスイートに宿泊した。アマンキラの各ヴィラは高床式に作られており、石の空中回廊だけで繋がっている。ヴィラを結ぶこの独特の構造と、土地の段差や鬱蒼と繁る木々によってプライバシーは完全に保たれている。回廊から私たちのヴィラの木戸をくぐるとテラスがある。テラスにはテーブルと広々としたソファーベッド、プールチェアと、サンオイルやミネラルウォーターの準備された机。12mほどのプライベートプール(充分泳げる広さ!)にはこんこんと水が注ぎ込まれて澱みがない(なんたる贅沢)。プールの周りにはキャンドルが灯され、部屋の入り口には、バリの花を持った守り神2体が控えている。

kila3.jpg
(夜、空中回廊から部屋の入り口の木戸へ)

kila4.jpg
(グリーンタイルが映える美しい水面からテラスと部屋を眺める。2台のプールチェア、部屋の前にはソファーベッド、丸テーブルの上には芳香を漂わせるチューベローズの花束、藁葺き屋根の向こうにはジャングルのように生い茂る木々)

kila5.jpg
(テラスの木戸からコネクティングのオーシャンスイートへ行ける)

寝室には天蓋付きのキングサイズベッド、ベッドサイドにはバリの花フランジパニが浮かべられた壺やiPodが置かれている。iPodスピーカーからはバリの楽器ガムランの音が心地良く流れている。持ち込みのパソコンはワイヤレスで無料のインターネット接続ができる。サイドテーブルにはフルーツが準備されいつでも好きなだけ食べることができる。天井は高く、バリスタイルの藁葺き屋根。エアコンは効きすぎるぐらい。また不思議なことに窓を開けていても虫はほとんど入ってこない。実際、滞在中にアマンキラでは蚊を一匹も見なかったことは驚きだ。

kila6.jpg
(バリ意匠の天蓋付きベッド。ベッドの上には民芸品のバティックとスイーツのプレゼントが)

奥の部屋にはトイレと大理石のバスとシャワールーム、2つの洗面台がある。部屋の構造は完全に左右対称のシンメトリーとなっている。無駄を省いた最低限の装飾と色。計算され尽くしたシンメトリー。豪華なのにシンプル。センスがよいとはこのことだろう。無料のミネラルウォーターが置かれ、部屋を空けると行われるルームキーピングの度にいくらでも補充される。タオルの上からトイレの中まで、随所にアマンキラを象徴するチューベローズの花びらが置かれ、芳香を漂わせている。プールスイートとオーシャンスイートはテラスにプールがあるかないかの違いで、部屋の造りは同じ。テラスを含めると部屋と言うよりは1軒の家であり200平米以上はあろうかという広さである。

部屋でチェックインし、間取りを一通り見て回るとスタッフがウェルカムシャンパンを開けるためにテラスで待機していた。プールスイートにはモエの大瓶が、オーシャンスイートにはクリコの中瓶が用意されていた。乾杯。その日から4泊6日の夢のような生活が始まった。

価 格:約20万円 x4泊
参 考:(2010年5月以降の1泊1室料金)Pool Suite US$1,200、Ocean Suite US$1,000
満足度:星5

Category - アマンキラ・バリ

0 Comments

Post a comment