Welcome to my blog

放蕩記

Article page

LINN / SNEAKY DSM / MAJIK 109

Category - 
DSCF4693.jpg

LINNのスピーカーを買いました。MAJIK 109。小型のブックシェルフスピーカーです。LINNのスピーカーではエントリーモデルと言えるもので、価格はペアで¥157,500。オプションの鏡面仕上げは追加で¥68,250。

リビングのリフォームに付随してオーディオを刷新するため、LINNやBang&Olufsenを扱うNEXTのショールームに行き、いろいろ聞き比べた結果、軟らかいけれど一つ一つの楽器の音がクリアであることと、そのクオリティの割に値段が安いことでこの製品を選びました。ジャズやクラシックなどにとてもマッチした優しい音です。

このスピーカーを鳴らすために選んだシステムは、同じくLINNのSNEAKY DSMです。ネットワークを介してTV、DVD/CD、LP、パソコン、インターネット、などからの音をiPadなどの端末で一括管理し再生するシステムです。このネットワークシステムをコントロールしてさらにアンプも兼ねるネットワークミュージックプレーヤーSNEAKY DSM(¥262,500)はLINNのDSシステムのエントリーモデルと言えるもので、2013年5月に発売されたばかりのものです。曲を保存しておくためのハードディスクのNASや無線LAN中継器、LPを聞くためのフォノイコライザーなどと共にTVボードの中に格納し、操作はiPadで行います。

CDをパソコンで読み込むとNASの中に保存されます。すでにパソコンのiTuneなどに保存されている曲も移行できます。TVやDVDの音もSNEAKY DSMを通って出てきますのでクオリティの高い音となります。システムの操作に慣れるまで戸惑うこともありますがとても便利で、一旦この快適さを知ってしまうと従来のオーディオライフに戻る気持にはなりません。

LINNは1972年創業のスコットランドに本社をおく、Hi-Fiオーディオメーカーとして唯一の英国王室御用達ブランドです。ターンテーブル、アンプ、スピーカーなどオーディオ・プロダクツをすべて自社製造販売するトータル企業で、自社のレコードブランドも持っていて音質向上への徹底したこだわりがあります。今回注文した製品も、スコットランドで手作りされ、日本に搬入されてからもLINNジャパンで異常なきことを確認されてから出荷されました。そのため注文から納入まで2ヶ月を要しましたので、少々待ちくたびれたのも事実です。しかしそのクオリティに触れてみると待った甲斐があったというものです。

DSCF4690.jpg
スタンダードカラーは6色。これはオーク。ハイグロスの鏡面仕上げをしてあります。とても美しい。他にも200色のカスタムカラーが用意されています。

DSCF4691.jpg
ネットワークミュージックプレーヤーSNEAKY DSMの色は白と黒から選びます。NAS、フォノイコライザー、無線LAN中継器とともにTVボードに格納しました。

Category - 

0 Comments

Post a comment