Welcome to my blog

放蕩記

Article page

グリッティパレス・ベネチア旅行記

The Gritti Palace

2014年GWイタリア旅行。ベネチアの宿はグリッティ・パレス。ここは映画「ツーリスト」で有名な5つ星ホテル・ダニエリの上をゆくベネチア唯一の5つ星+Lホテル(でも最近7つ星のアマンが進出しました)。大運河を臨む「ランドマーク・グランドカナルルーム」に2連泊。1泊約30万円(時期で変動しますし自分でネット予約するなどすればまた別の値段になるでしょう。また今は1€=140円と高い)。

私たちはミラノからベネチアまでFrecciaBiancaという高速列車で移動しました。ミラノからベネチアまで2時間45分。1等席の窓側向かい合わせでリクエスト。2列と1列の配置なので1列の向かい合わせが希望でしたが、2列(つまり4人掛け)の方になりました。でも途中まで隣がいなかったのでゆったり。ベローナから若くて美人のロシアの2人組が隣になりまして、挨拶程度の会話をしたりしてそれはそれで良かったです。大きいスーツケースは座席の背と背の間に入れ込みます。ドリンクサービスが来ますがたいしたものはありません。

重厚なミラノ中央駅は他の駅とは比較にならないほど大きくて立派です。

DSCF5674.jpg

これがFrecciaBianca。

DSCF5675.jpg

1等席はゆったりしています。テーブルがついた向かい合わせの席。車両には清潔なトイレがついています。そもそもイタリア人はあまりトイレには行きません。

DSCF5677.jpg

ベネチアのサンタルチア駅からは、水上タクシーで大運河を行きホテルにチェックインします。

DSCF5696.jpg

水上タクシーがグリッティ・パレスの桟橋に横着けしたのを上の部屋から見るとこうなります。

DSCF5826.jpg

ベルボーイも運河側の入り口に居ます。

DSCF5835.jpg

陸側のエントランスはこちらです。エントランスだけ見ると超高級ホテルだということに気づきません。部屋数も82と規模の小さなホテルですし。ドアのガラスに描かれているのがグリッティ家の紋章で、館内の椅子の背などあちらこちらで目にします。

DSCF5710.jpg

チェックインカウンターでは、満面の笑みを浮かべたギリシャ彫刻のようなレセプショニストに迎えられます。

DSCF5701.jpg

こちらはキーを預けたり傘を借りたりするレセプション。

DSCF5707.jpg

ロビーのあちらこちらに美術館のように絵画が飾られています。

DSCF5709.jpg

パブリックスペースのトイレへの廊下の壁に、ここを訪れたセレブ達の写真が飾られています。

DSCF5704.jpg

DSCF5705.jpg

その洗面所。当然大理石貼りです。

DSCF5703.jpg

DSCF5702.jpg

館内のイメージカラーはずばりゴールドでしょう。

DSCF5721.jpg

DSCF5838.jpg

この屋敷はもともと17世紀のヴェネチア大統領を勤めたグリッティさんの屋敷を改築したもの。

DSCF5748.jpg

これがそのグリッティさん。大統領だったのでサンマルコ広場にあるドゥカーレ宮殿内の油絵にも登場しています。

DSCF5749.jpg

古風なエレベーター。このホールのシャンデリアは宿泊する部屋のものと同じベネチアのムラーノ・ガラス製。

DSCF5785.jpg

宿泊した部屋です。窓から大運河を臨みます。

DSCF5733.jpg

高い天井。ムラーノガラス製のシャンデリア。ふかふかのベッド。

DSCF5789.jpg

DSCF5788.jpg

古風な絵が何枚も飾られています。その価値は分かりませんが。

DSCF5730.jpg

ウェルカムシャンパンとフルーツ。支配人からの手紙も添えて。

DSCF5725.jpg

ミネラルウォーターはコンプリメンタリー。

DSCF5727.jpg

この部屋はアイロンや湯沸かし器など熱を発する器具は使用禁止となっています。とにかく火事が怖いというベネチア特有の事情によるのでしょう。一応消防署もあり、消防車はありませんが消防船があります。インターネットのwifiは無料でパスワードが与えられます。

DSCF5728.jpg

クローゼットはもう少しスペースが欲しい。

DSCF5744.jpg

セーフティーボックスは最新式のものです。

DSCF5743.jpg

洗面トイレは大理石で覆われています。湯量はミラノに比べるとやや勢いが弱い。その辺が干潟の上の都市ならではでしょう。独立したシャワールームはありません。シンクはダブル。アメニティブランドはアクア・ディ・パルマ。歯ブラシ、歯磨き粉、ひげ剃りはありません。ドライヤーはあります。

DSCF5731.jpg

DSCF5823.jpg

DSCF6098.jpg

窓からの景色では、対岸にベネチアのアイコンの一つであるサルーテ教会が見えます。

DSCF5741.jpg

朝食はレストランでビュッフェ。コーヒーとジュースは運ばれます。

DSCF5834.jpg

DSCF5832.jpg

運河に張り出したテラスでの朝食は素敵ですが、小雨が降っているので残念ながら室内です。

DSCF5828.jpg

DSCF5837.jpg

DSCF6107.jpg

ザ・グリッティ・パレスは、私たちがベネチア観光の目玉にしていたフェニーチェ劇場にものんびり歩いて5分ほど。サンマルコ広場もやはり5分ほどの抜群の立地。ホテルの横にはサルーテ教会や、プンタ・デラ・ドガーナやペギー・グッゲンハイム美術館など名だたる美術館の集まる地域への渡し船乗り場があります。同クラスの高級ホテルのダニエリがホテル見物客で賑やかなのとは対照的に、ほとんど宿泊客しかいない知る人ぞ知る隠れ家的な宿と言えるでしょう。The Gritti Palace
 

Category - グリッティパレス・ベネチア

0 Comments

Post a comment