Welcome to my blog

放蕩記

Article page

スカラ座 バレエ「白鳥の湖」/ Teatro alla Scala, Balletto, IL LAGO DEI CIGNI

DSCF6190.jpg

2014年GWのイタリア旅行の主な目的の一つにミラノ・スカラ座でのバレエ観劇がありました。今回の旅行はロイヤルロード銀座に全て依頼していましたのでこういったチケットも手配してもらいました。世界3大オペラ劇場とも言われる超有名劇場ですので公演のチケットは発売同時に良い席からなくなってしまいます。数ヶ月前から計画し、ネット情報などでどのような席が良いかを考えた結果、最も値段の高いカテゴリーの平土間(Platea)1階席の前方や、中央近くのボックス席の前席などをリクエストしておりました。チケットの発売開始が2ヶ月程度前なので確保できるかどうか心配でしたが、ほぼ希望どおりの平土間で前から3列目の席が確保されました。正規料金は一人152€ですが手配料入れると一人310€となりました(二人で約89,000円)。それでもこのクラスが来日して日本で観ればもっと高額ですし、しかも本物のスカラ座の上席ですので文句はありません。

ガッレリアの北の門を出るとそこがスカラ広場でダヴィンチの銅像がありまして、その目の前がスカラ座です。有名なスカラ座は至ってシンプルです。広場にある他の建物をスカラ座だと間違える観光客がいるというのも頷けます。昼間はその2階に併設しているスカラ座博物館を見物しました。スカラ座内部を見学できますし、初演のポスターや、ヴェルディなどオペラの大作曲家の遺品などが数多く展示されています。ミュージアムショップもオープンしています。

スカラ座を見守るレオナルド翁。

DSCF5338.jpg

素朴なスカラ座の外観。ミラノ名物、黄色いトラムが横切ります。

DSCF5337.jpg

昔の貴族が馬車から降りるときに雨に濡れないよう、このような形に作られました。

DSCF5333.jpg

今日の演目です。バレエ「白鳥の湖」。バレエではこの上ない作品です。それをスカラ座で観るということで感慨もひとしおです。今期のスカラ座の「白鳥の湖」は5人のプリマが日によって変わりますが、今日のプリマバレリーナは29才という最もいい時期のポリーナ・セミオノワです(Polina Semionovaはロシアのバレエダンサー。2002年よりベルリン国立バレエ団のプリンシパル。 細めの体型 で繰り出す尖鋭的な踊りが持ち味で、とりわけ 『白鳥の湖』 での評価が高い。 ウィキペディアより)。

DSCF5423.jpg

平土間(Platea)へのホール。豪華なシャンデリア。

DSCF5419.jpg

豪華絢爛な劇場内。さすがです。多くの人は正装しています。

DSCF5420.jpg

前から3列目。舞台から見てやや左よりの席。思ったより座席は狭くはありません。最前列と舞台の間はオーケストラピット。

DSCF5421.jpg

DSCF5422.jpg

上演後のカーテンコール。それにしてもプリンシパルのPolina Semionovaは本当に素晴らしかったです。オデット姫として彼女が登場した瞬間に(バレエに詳しくなくて彼女のことも知らなかった私でしたが)ぞぞぞ、と鳥肌が立ちました。オーラが違いました。

DSCF5428.jpg

DSCF5434.jpg

彼女の動画はYouTubeにいくつか有ります。



ライトアップされた夜のスカラ座は昼間よりもいい雰囲気です。

DSCF5497.jpg

上演後もガッレリア内のレストランはスカラ座帰りの客で賑わっています。明るいガッレリアを歩いてパークハイアットに帰るのは全く安全です。

DSCF5499.jpg
 

Category - スカラ座・ミラノ

3 Comments

腹ぺこ歯医者  

No title

芸術の素養が無い私達は昼間に会場の見学をして、売店で土産物にエプロンを沢山買って撤退しました。

2014/05/31 (Sat) 20:30 | EDIT | REPLY |   

Dr.Takabo  

Re: No title

腹ぺこ歯医者様、コメントありがとうございました! もしまた機会があれば次回は素晴らしいオペラやバレエをごらんになってはいかがでしょう。

2014/06/01 (Sun) 01:47 | REPLY |   

腹ぺこ歯医者  

No title

そうですね!私も歳ですので、そろそろ文化?というか、教養?というか、そういった方向へ自分を持っていくと良いな〜と思います。

2014/06/01 (Sun) 05:16 | EDIT | REPLY |   

Post a comment