Welcome to my blog

放蕩記

Article page

さんふらわあ(ごーるど・デラックスルーム)旅行記

Category - さんふらわあ
DSC_0665.jpg

の休暇では帰りの交通機関として、大分から神戸までフェリー「さんふらわあ・ごーるど」を利用した。お盆休み期間だったので、ネット予約開始と同時に部屋を確保した。特別室であるところのデラックスルームは8部屋あるが、それが瞬時になくなった。間一髪だった。

DSC_0621.jpg

デラックスルームは想像以上に快適だった。最上階の7階にある。7階の入り口に写真のような掲示板があって笑える。私たちも一般のお客様なんですが。

DSC_0641.jpg
DSC_0642.jpg

ツインのベッドルーム。収納ベッドとソファベッドを使えば4人まで宿泊可能。ナイトウェア、クローゼット、ドレッサー、ドライヤー、湯沸かし器、冷蔵庫、テレビ、ソファ、テーブルと椅子、コーヒーやウェルカムミネラルウォーターまで用意されている。ユニットバスはバスタブにシャワー、トイレはウォシュレット、バスアメニティまである。テレビでは航空機のように現在位置を知らせるマップなども表示できて面白い。部屋の窓だけでなく、バスタブの窓からも海が見える。下手なビジネスホテルよりもよほど快適だ。ほとんど揺れもしないし。

DSC_0627.jpg
クローゼット
DSC_0628.jpg
DSC_0631.jpg
DSC_0646.jpg
ナイトウェア
DSC_0645.jpg
航路図
DSC_0644.jpg
DSC_0626.jpg
洗面バスアメニティ
DSC_0651.jpg
浴槽の窓から
DSC_0664.jpg
朝は売店で買ったお菓子と、備え付けのモーニング・コーヒーで。
DSC_0663.jpg

広いベランダには固定されたテーブルとチェアがある。一番の見所は、明石海峡大橋をくぐるところか。

DSC_0690.jpg
DSC_0692.jpg
まさに明石海峡大橋をくぐらんとす。世界最長の吊り橋である。
DSC_0679.jpg

レストランはバイキング方式。1500円の食券を買って並ぶ。先に席を確保しておくのがよい。メニューは豊富。各種オードブル、点心、ご飯、味噌汁、おでん、蕎麦、カレーライスと何でもござれ。デザートはかき氷、ケーキ、チョコレートフォンデュもある。ソフトドリンクは飲み放題。ビールは生ビール中が500円入れて自動式。または缶ビールや缶チューハイ、日本酒などが有料で買える。食事の味はまずくない。1500円でこれなら文句は言えない。売店でお菓子やカップヌードル系も買える。

DSC_0635.jpg
DSC_0634.jpg

残念なことが一つある。それは快適なので乗船時間が短すぎると感じられることだ。乗船料は二人で57,800円。安い。

Category - さんふらわあ

0 Comments

Post a comment