Welcome to my blog

放蕩記

Article page

星のや 軽井沢・宿泊記

Category - 星のや・軽井沢
18soto.jpg

のやには2007年7月に訪れた。星野嘉助によって大正3年に開業された星野温泉は多くの文化人(北原白秋、島崎藤村、与謝野晶子、内村鑑三など)に親しまれる伝統ある温泉であった。近年、星野リゾートとして拡大を続け、世界ビール大会で前人未踏の7年連続金賞受賞した「よなよなエール」で知られるヤッホーブルーインや、ホテル・ブレストンコート、軽井沢高原教会、アルファリゾートトマムなどを経営、2005年7月には星野温泉を全面改築し従来にない温泉旅館「星のや」として生まれ変わった。「日本が西洋化せずに独自の文化を発展させていたら、どうなっていただろうか」というテーマで、もうひとつの日本を感じさせる滞在型温泉旅館。水辺沿いに点在する離れ家風の客室が谷の集落を形成している。電力は自前の水力発電所でまかなってい、グッドデザイン賞、環境大臣賞など数多くの賞を受賞している。宿泊はネット予約が便利。2泊からの受付となっている。

● 客室
 星のやの敷地内には湯川の支流が流れている。その周りに民家のような客室が建てられている。敷地内の木は工事中移植されまた植え直されたものだとのこと。だから木々は昔からそこにあったように自然に生えている。小道と橋、棚田の風景、小川のせせらぎ、それは忘れられた日本人の原風景だ。川に面した「水波の部屋」、路地に面した「山路地の部屋」「庭路地の部屋」にカテゴライズされる。今回の旅では水波の部屋を利用した。玄関から2階に続く大理石の階段を昇ると洒落た彫刻が掛けられている。引き戸を開けると天井吹き抜けの広々とした寝室。天井には風楼がある。枕元の壁には手漉き和紙が貼られている。部屋にはテレビはなく、インターネット接続環境もない(集いの館のライブラリーは無線LANスポットとなっている)。あるのはCDプレイヤーだけ(ライブラリーで無料のCD貸し出しが利用できる)。部屋の構造のためかCDの音はやわらかく広がりがある。電話はBang & Olufsen製。冷蔵庫にはちゃんと「よなよなエール」も入っている。しかも260円、定価なのが嬉しい。部屋着とその上に羽織るもの、下駄履きのための靴下(これは持ち帰り可能)が置かれている。

16heya.jpg
手漉き和紙の壁、やわらかな灯りの照明

居間はテラスに面している掘り炬燵式。クッションが21個も置かれている。テラスにはソファが置かれている。しかしこの季節は蚊が多く(人に関心が無いようで意外に刺さないが)そこでくつろぐことは難しい(網戸があるので部屋に入ってくることはない)。テラスからは川と家々の風景が望める。さすが軽井沢、梅雨にもかかわらず蒸し暑い空気ではない。窓を開けていればクーラーはいらない。

7heya.jpg
壁一面の窓に緑の景色が広がる。ロールスクリーンを下ろせばシックな和室になる

洗面所のシンクは深く使いやすい。財布や鍵を持ち運ぶのに重宝する風呂敷柄のオリジナル袋がある。これらは持ち帰り可能。トイレと風呂の床は天然石。風呂は壁と浴槽が檜。この季節、薄荷(ミントの葉)が添えられている。窓を開ければ半露天風呂となり、小川のせせらぎを聞きながら入浴できる。

29heya.jpg
檜の香りがひろがる部屋風呂

● 温泉
 100年の歴史ある温泉は「美肌の湯」として知られる。メインの「トンボの湯」では毎分400リットルのお湯が注がれている。源泉かけ流しの温泉らしく、温泉成分が結晶化した湯ノ花が見られる。うっすらと白い色の湯。この温泉水は飲むことができる。まろやかで飲みやすい水なのでつい飲み過ぎるとお腹が緩くなる。「トンボの湯」は客室からは5分ほどで行ける。宿泊客はいつでも何度でも無料で入れる。朝9時から10時までは宿泊客の限定となる。入場は夜10時まで。一般客は1200円。内風呂の大浴場と露天風呂とサウナがある。

4tombo.jpg

「メディテーションバス(瞑想の湯)」は宿泊客限定の温泉。午後3時から翌朝11時半まで。BGMには長屋和哉の環境音楽が静かに流れている。洗い場、サウナ、壁から光の入る「光の部屋」、湯の中に小さい灯りがある以外は真っ暗な「闇の部屋」がある。闇の部屋が印象的。深夜など怖くて入れないという人もいるようだ。

25medi.jpg
瞑想の湯とスパのある建物

● 食事
1)レストラン(和食)「嘉助」:星のや「集いの館」内
「吉兆」出身のシェフが手がける高級和食レストラン。フロント横から棚田状の客席が並ぶ。壁一面の窓からは緑溢れる棚田とその間を流れる小川が見える。テラス席では自然の息吹の中で食事ができる。敷地内のため宿泊客の部屋着のままで気軽に利用できる。朝食は朝7時から12時までできる。ゆっくり寝ていても大丈夫だ。
 朝食のお膳は3200円。それぞれ一手間かけられておりどれもが美味しい。テラス席で頂いたが、草の香り、小川のせせらぎで食欲が進む。夕食は12000円の懐石。

34kasuke.jpg
外には棚田の景色が広がる

hoshi.jpg
天気が許せばテラス席がおすすめ。星のやの住民の印、作務衣のままでよい

2)レストラン(フランス料理)「ノーワンズレシピ」:ホテル・ブレストンコート内
 星のやから車で2-3分の所にあるホテル・ブレストンコートは星のやの系列。フロントに言えばレストランまでキューブで送ってくれる。帰りも食事が終わった頃に迎えに来て部屋まで送ってくれる。部屋着のままでは行けない。朝食は2800円。ディナーはコースで8000円。

3)カジュアルレストラン「村民食堂」:星のやに隣接
 昼時は一般のランチ客で混雑している。有名な「よなよなエール」の樽生650円が飲める。そば料理を中心に定食ものが多い。予算は1000円から2000円。朝11時から夜10時まで。

3cafe.jpg
世界ビール大会で前人未踏の7年連続金賞受賞ビール「よなよなエール」の生が飲める

5)ルームサービス:
 24時間利用できる。様々な料理がある。やや高いが嘉助よりは安い。夜中でも利用できるのがよい。部屋自体が素晴らしいので部屋でも食事がしたい。我々はチャーハン1800円、おにぎり1000円、信州牛のたたき1600円を注文した。

● 星空
 夜、瞑想の湯に向かう途中空を見上げると、都会では見られないような星々。プラネタリウムのようだ。星が大きい。空が近い。天の川も見える。5分ほどで流れ星も見える。

● 従業員
 笑顔を絶やさない。それが自然な笑顔に見える人とそうでない人はいるが、やる気は感じられる。若い人が多いのも印象的。このBGMは誰の曲か、とか、我々の泊まっている部屋の大きさは何平米か、などの質問に即座に答えが返ってくる。車での送迎など適時受け付けておりほとんど待たされることはない。従業員の数は多いように思う。しかし昼間レセプションにいた人が夜はルームサービスを持ってくるなど、一人が何種類もの仕事をしているようだ。それはおそらく人数の問題ではなく、仕事を横断的に知るための工夫だろう。高級宿泊施設の善し悪しの判断が、従業員の態度によって左右されるというのは常識だから。

● 風景
 朝は宿泊客限定の温泉に向かう。作務衣姿のまま星のやオリジナルの小物入れをぶらさげて路地を行き、橋を渡る。緑の林ですれ違う宿泊客と挨拶をする。与謝野晶子と鉄幹の俳句が刻まれた石碑がある。やがてトンボの湯に到着する。帰り道、鴨の親子が池で餌を探すのに遭遇する。

14soto.jpg

15soto.jpg

51soto.jpg
あたかも現実の村と錯覚させる星のやの風景

夕暮れになると小道に灯りが灯り始める。天候がよければ川に行燈の蝋燭が灯される。夜の温泉の帰り道、すっかり暗くなったが、足許のほのかな灯りで迷うことはない。自然に似せてゆらぎのように曲がり微妙に高低のある小道。家々の窓から漏れる灯りは、その時だけの宿泊客のものではなく、あたかもこの集落に生まれ育った人々が住んでいるかのように錯覚させる。川のせせらぎの向こうにも小道の照明が点在しそれはまるで川向こうの町で夏祭りでもやっているかのようだ。やがて宿泊している部屋を表す表札が灯る我が家に到着する。

26soto.jpg
夕暮れになると小道に灯りが灯り始める

価 格:2名1室利用時 1人 食事別料金 1泊 20,500円~37,000円
満足度:星4

Category - 星のや・軽井沢

0 Comments

Post a comment