Welcome to my blog

放蕩記

Article page

アビテックス / YAMAHA防音室

Category - 
avi4.jpg

たちは母が子供の頃から愛用してきたアップライトピアノを弾いて育ったが、高校3年の長女が音大を受験することになりグランドピアノを購入することになった。それに伴い2005年、一軒家とは言うものの深夜にピアノの音が洩れるのは問題なので防音室を作ることになった。ピアノはYAMAHAグランドピアノの中位機種のC3、防音室はYAMAHAのアビテックスのルームタイプを購入した。防音性能はDr等級で示され、数字が大きいほど効果が強い。Dr30でピアノの音が話し声程度に、Dr35で小さな話し声程度に、Dr40でかすかな話し声程度になる。Dr40を選択した。

ほぼ使用していない6畳の和室があったのでそこに4.3畳のアビテックスを設置する。家の中にもう一つプレハブ住宅を建てているかのようだ。ピアノは壁を作る前に入れてある。

avi8.jpg

avi9.jpg

防音室の中にはエアコンも完備され快適な空間ができあがった。

avi5.jpg

おかげで娘はなんとか音大に入学し、今年卒業し、そしてこのアビテックスは娘にピアノを習う生徒が通う場所となった。そういう意味で充分に価値のある買い物だった。また購入に際してピアノ代と防音室代ともにクレジットカードが使えたので大いにショッピングマイルが貯まったことを追記しておきたい。

価 格:アビテックス4.3畳Dr40 約200万円、グランドピアノCP3 約150万円
満足度:星4

Category - 

2 Comments

451f  

ディーアール

はじめてのコメントになります。
Dr って、ドクター、ドライブ以外に様々な略称がありますね。
Dr40 の DR って何の略なんでしょう。
ピアノの音がこれで防げるなんてすごい技術だと思います。

2010/03/31 (Wed) 00:22 | EDIT | REPLY |   

Dr.Takabo  

Re: ディーアール

451fさんコメントありがとうございます。私も防音に関するDr値の由来は存じません。しかし話し声の聞こえ方を基準としているところなどは音の大きさを想像し易いと思います。DR40では完全に無音にはなりませんので夜中などは多少気を使います。

2010/04/02 (Fri) 14:43 | REPLY |   

Post a comment