Welcome to my blog

放蕩記

Article page

エミリオ・ロバ / アート・フラワー

Category - 
robba5.jpg

ミリオ・ロバ (Emilio Robba) は私の持つ造花のイメージを変えた。デパートなどにあるショップで、本物そっくりなマグノリアなどの造花を見かけた人もいるだろう。クリニックをオープンしたときに複数のロバ作品を頂いたことで興味が増した。それらの作品は近くで見ても、実際に手で触れてみるまでは造花とは気付かないほどだ。それぞれの花の美しさを引き立たせるような「生け方」や、ベースの形、その中の水、その水に落ちた花びらなど細部にこだわる造り込みがロバの真髄だ。生花には本物の持つ香り、華やかさと儚さがあり、代え難い魅力があるが、いつまでも楽しめるインテリアの一つとしての造花はロバによって確かな立ち位置を獲得したと思われる。その後私は贈り物として頻繁にロバを利用することとなった。
(写真上。重厚なベースにしつらえられた堂々たる作品)

robba1.jpg
(スマートなベースにスタイリッシュに生けられた胡蝶蘭)

robba2.jpg
(定番の一つ、薔薇)

robba3.jpg
(造花と気付かなければ水を入れてしまうほどリアル)

robba4.jpg
(水に落ちた花びらまで再現されている)

価 格:物によるがだいたい8000円~30000円程度
満足度:星3

Category - 

0 Comments

Post a comment