Welcome to my blog

放蕩記

Article page

グランドハイアット東京・宿泊記

IMG_3844.jpg

ランドハイアット東京は六本木ヒルズの一角にあるので同所に用事がある場合はとても使い勝手が良い。一歩出ればヒルズの中なので当たり前の事だが、よくあるホテル内のショッピングセンターとは質量ともに桁違いだ。食事に関しても、ホテル内のレストランが充実している上に、ヒルズのレストランも敷地内にあるのでその充実ぶりは世界一だろう。さらに森美術館や展望台という素晴らしい施設も併設されているに等しいのだ。

交通の便もよいが、車で行く場合はヒルズの駐車場に入り、P3という区画(グランドハイアットの案内が示されているので迷わない)に入るとそこがホテルのバレーパーキング。スタッフが駆け寄り、トランクから素早く荷物を取りエスコートしてくれる。私の車は前と後ろにトランクがあるがそれも心得ているようで外車の扱いに慣れていることが明らかだ。他のスタッフは愛車を立体駐車スペースへと運んでゆく。立体に入らないような大型の車はバレーパーキングの見える場所に停められているが、ロールスロイス、ベントレー、レンジローバーなど、どれもがかなりの高級車ばかりでさすがだ。

当日ネット予約で来館したのだが、ホテルのサイトよりも一休で取った方が1000円安い上に、行きたかった美術館などのチケットまで着いているので(2人分で3600円相当)かなりお得だった。チェックイン時にその招待券を受け取った。部屋は一番下のグランドルームだったが、ハイアットゴールドパスポートメンバー入会を勧められ、特典として午後2時までのレイトチェックアウト、インターネット無料、プールなどのフィットネス施設利用無料が付いたのもお得感があった。

フロントの目の前にはイタリアンレストランがあり、その向かいのエレベーターホール入り口には意表をつく2体の巨大な頭の彫像がお出迎えする。客室階の廊下は広くシックな色合いの床と壁で、モダン和風の絵がかかっている。客室も同様の雰囲気で、木の素材が多用され、絵やスリッパや浴衣も和風の色と模様で統一されている。ドアからベッドルームまでの間の通路壁面に大きな鏡があり対面にはミニバーがある。ベッドルームはシンプルで機能的。窓のロールスクリーンは電動。机の引き出しにセーフティボックスがある。インターネットは有線無線で接続可能。テレビはベッドルームと洗面所にある。

IMG_3836.jpg
ミニバーのあるエントランススペース。部屋には木が多用されている。

IMG_3796.jpg
ベッドルームの向こうがバスルームでその間の扉を閉めることはもちろんできる。トイレの扉も分かりにくいがもちろん閉める事ができる。壁にかけられた絵はモダン和風を思わせるシックな色と柄のものばかり。

IMG_3828.jpg
ふかふかのスリッパ。この柄はこのホテルのイメージに沿ったものだ。

IMG_3840.jpg
同様の柄の浴衣。

IMG_3831.jpg
引き出しにあるセーフティボックス。

IMG_3801.jpg
クローゼット。

洗面所にはテレビがあり、ガラス張りのバスルームからも見る事ができる。洗面台の上のコップ置きはコップの下が濡れない構造で気に入った。バスルームは、浴槽とシャワールームが一体となっており、シャワースペースが日本式の洗い場と同様に使えるので使い勝手がよい。浴槽とシャワールームが扉で分かれている洋風の造りは日本人には意味不明であるので、こういう造りは大歓迎だ。バスアメニティは普通でシャワーの温度調節はやや不安定。

IMG_3798.jpg
シンク台上左の拡大鏡の威力が凄い。浴室の壁にも大きな鏡があり、洗面所で全身像を見れるのだが、その鏡に映すと不思議とスタイルがよく見える。

IMG_3807.jpg
コップの形状がリングにうまくはまるようにできている。

IMG_3830.jpg
バスタブとシャワールームが一体となっているので洗い場として使える。洗面所とはガラスで区切られている。洗面所のテレビの向きを変えれば見ることができる。シャワーは手持ちとレインシャワーの2種。

IMG_3800.jpg
アメニティは普通。

連休の夜、部屋から当日のレストラン予約を入れたが、フレンチは満席でイタリアンにかろうじて予約を入れることができた。さすが連休だ。イタリアンレストラン「フィオレンティーナ」は1Fロビーにある。ディナーコースも3800円からありリーズナブル。味もまあまあ、暗めの店内の雰囲気も良い。グラスワインは1400円前後。ソフトドリンクではブラッドオレンジジュース950円が絞り立てのように美味しい。

IMG_3815.jpg
イタリアンレストラン「フィオレンティーナ」

無料特典のプールを使用してみた。スパ・フィットネスジム・プール施設は5Fにある。受付の応対は良い。名前を記載しはじめるとすぐに客を同定し適切な対応をする。帰る時の受付は別のスタッフであったが顔を見るなり名前を把握していたのには多少驚いた。水着を持参していないので715円で借りた。男性スタッフがロッカールームに案内し説明する。このスタッフも感じがよい。ロッカールームには常に補充し続けられるタオルとバスローブ、リラックスチェア、水風呂とお湯風呂、サウナ、シャワー室、洗面台、トイレ、無料のソフトドリンクとドライフルーツがある。プールは20mの石製で木製のデッキには6台の椅子がある。特徴的なものはプールとデッキの間にしつらえられた円形のジャグジーだ。全体が照明器具になっており風景のアクセントになっている。プールの水は心地よい。消毒臭は全くなく、体が浮くような気がして疲れにくく、泳ぎやすい。おそらく水質に浮力を上げるような細工がされているのだろう。プールは完全に室内であり開放感は乏しい。

IMG_3842.jpg
20mプールは石製。デッキは木製。受付からプールが見える。スパは同じフロアに、ジムは階段の上階に位置する。

IMG_3841.jpg
光るジャグジーが目を惹くプールエリア。

意外に広く使い勝手の良い部屋。豪華ではないがシックでセンスの良い内装。そして何よりも六本木ヒルズにあるという利便性はポイントが高い。しかし従業員にはやや不満が残った。例えばチェックインの時、家内はロビーの椅子で待つよう勧められた。しかしスタッフが荷物を持って私を部屋に案内して行く際に、家内は声をかけられず置いてきぼりになった。気がついた家内が走って駆け寄って来たがスタッフがそれに気づく様子はなかった。この一件には驚愕させられた。このホテルのスタッフ達は、身なりもきちんとして丁寧な応対をするが、この件のように重大な欠落が他にもいくつかあった。例えばレイトチェックアウトはホテルから提案されたにもかかわらず、翌日のスタッフには伝わっていなかったようで、催促の電話がかかってきた。レイトの件を伝えると返って来たのは詫びる言葉ではなく言い訳だった。このように表面的な部分でないスタッフの資質がペニンシュラやマンダリンよりも劣っていると感じられた。

価 格:グランドルーム 1泊1室 3万6千円(ネット予約)
満足度:星3

Category - グランドハイアット・東京

0 Comments

Post a comment