Welcome to my blog

放蕩記

Article page

Time Capsule / バックアップ用外付けハードディスク

Category - 
IMG_3865.jpg

Macのデータのback up用にTime Capsule(という名の外付けハードディスクのようなもの)を買って設定した。その設定はとても簡単と言われているが小生パソコンの事がよく分かっていないので結構苦労した。Ethernetで有線接続もできるが今はAirMacの無線接続にしてみた。無線より有線の方がスピードが速いそうだがAirMacは快適で苦にならない。ハードディスクとしてだけでなく無線ネットワークの中継ステーションとしての機能も備えているが、その機能を必要としない私には宝の持ち腐れかもしれない。はじめからiMac(OS X Snow Leopard)に入っているTime Machineといういかにもな名前のソフトでTime Capsuleへのback upをするのだが、やってみると凄い。1時間ごとにパソコン内の総てのデータを丸ごとback upし、24時間たまったらそれを1日分としてファイルし、1ヶ月たまったら1週間毎のファイルに分類して保存し続け、容量がいっぱいになったら古いものから順に消去して行く。これが総て気づかない間に自動で行われる。いつでも過去の好きな時間のファイルにアクセスしたり復元したりできる。このTime Machineに入ると画面は宇宙の星の間を移動しているような映像になり、まさにタイムマシンの雰囲気だ。機能だけでなくネーミングやこういった雰囲気作りもアップルデザインらしさ全開だ。1TBと2TBの製品があるが1TBの方にしてみたがそれでも私には充分すぎるスペックだ。初期のTme Capsuleは2年ぐらいで突然死するというトラブルがあったらしいが(これもまたアップルらしいが)、最新のものは改良されたとのことで、それが本当であることを願うばかりだ。

IMG_3867.jpg
20cmの正方形。コンパクトで軽い。動作音もほとんど聞こえない。初期のものは熱くなったそうだがこれはちょっと温かい程度。

IMG_3868.jpg
Tme Machineに入るとデスクトップが星間を移動している画面に変わり、タイムマシンで時間を遡っているかのように過去のファイルが提示される。このインターフェースデザインがいかにもアップルらしい。

価 格:Time Capsule 1TB \28,381
満足度:星3

Category - 

0 Comments

Post a comment