Welcome to my blog

放蕩記

Article page

アロマフレスカ(名古屋) / イタリアン

Category - イタリアン
aroma1.jpg

古屋の松坂屋本店で買物をしている内に夕食の時間が近づいてきたら、レストラン街を思い出すといい。ロブション、シェ松尾、中村孝明やアロマフレスカなど錚々たるレストランがあるからだ。その日もそのように思い出し、久しぶりにアロマフレスカに行く事にした。たとえ15分後に行きたくても予約はすべきだ。しかし電話番号を検索するのが手間ならば、私のように、インフォメーションに行くとよい。案内嬢がコンシェルジュよろしく取り次いでくれるだろう。

妻と長女と3人。「シェフおすすめのコース」8500円を選んだ。前回かなり満腹になった記憶があるので(我々はどちらかというと小食なので)量を7割程度にしてくれるようにリクエストもしておいた。

aroma2.jpg

店内は白い。そして柔らかな照明によって暖かみのある空間になっている。モダンな洋館に招かれたような雰囲気で落ち着ける。15分前の予約にも関わらず、案内されたテーブルには「Mr ~」と記されたメッセージカードの心配りが。

食前のスプマンテを飲みながらオリーブを頂く。
aroma3.jpg

軽くマリネしたサヨリのカルパッチョとほろ苦野菜のサラダ。
aroma4.jpg

空豆のスフレ風オムレツ ペコリーノチーズ添え。これは可憐で美味しい。
aroma5.jpg

山菜のアッリオ・オーリオ・ペペロンチーノ からすみがけ。パスタはイタリアンの命。美味しい。
aroma6.jpg

タリアテッレ 仔兎と新牛蒡 スッコラセルヴァティカの煮込みソース。もう一皿のパスタ料理。兎の肉も淡白で美味しい。この辺りで赤ワインを追加。
aroma7.jpg

メニューには無いお口直しのグラニタ。
aroma8.jpg

桜鱒のポアレ シチリア風レモンソース 蕗の薹のフリット添え。メインは肉料理か魚料理の選択。
aroma9.jpg

キャラメルのババロア アロマフレスカ風。ドルチェは前回気に入った品を選んだ。クリームブリュレに似たスペシャルなデザート。
aroma10.jpg

食後の飲み物と小菓子。
aroma11.jpg

アロマフレスカは東京のイタリアンの名店として名高い。ここ名古屋でも評判は良いが、東日本大震災前日のこの日は平日という事もあり、直前にも関わらずすんなりと予約が取れてしまった。料理はどれも不可がなく、特にパスタ料理が美味しいので安心できる。接客してくれた男性スタッフは、皿を上げ下げするタイミングが良く、声と滑舌が良いので料理の説明も良くわかり、物腰も柔らかく好感が持てる。また数を食べたいが、我々のように量を少なめにしたい場合は、どの料理をどの程度少なめにするのがよいかの相談に乗ってくれる。総じて満足感の高い店である。

価 格:ディナーコース 一人 8500円 (スプマンテ800円、グラスワイン1000円)
満足度:星4

Category - イタリアン

0 Comments

Post a comment