Welcome to my blog

放蕩記

Article page

オールソール / 靴の修理

Category - 
Abbey Roadというブランドの靴の話です。5年前に買った靴で、大変気に入って履いています。たかだか12000円ぐらいの革靴ですが、その形や、(さすがに5年経つので色褪せてはいますが)ムラのある緑色が好きです。この靴を履いているとしばしば注目され(奇妙だからかもしれませんが)、お上手なひとに「素敵な靴ですね」などとお世辞を言われます。しかしさすがに傷んできたので、似たような靴を探しているのですが、流行の形でないためか、一向に見つかりません。同じAbbey Roadの靴で、無難なデザインのものを買ってお茶を濁したりしていましたが満足できません。もう少し長くこの靴と付き合いたい。そこで思いついたのが修理です。

松坂屋本店に靴修理専門の山崎靴店が入っており、最近店舗が拡大リニューアルされたのでそこに持ち込んでみました。店頭でたちどころに修理のポイントを指摘するところなぞはさすが専門店。しかしそのポイントに飽きたらずリクエストしてみると「それではオールソールにしなければなりません」と言われました。オールソールとは「靴底総取り替え」の事です。修理料金表では最も高い値段が付いています。「15750円になりますが」「はい。お願いします」即答しました。15000円で他の靴を買うことを思えば安いものじゃないですか。でもこの靴の値段を思い出して苦笑い。靴代よりも修理代の方が高いじゃん。

10日後に出来上がり。もともと靴底にはゴムも使われていましたが総革製に変身しました。これでまたしばらく履き続けられそうです。靴修理って使えますね。


AbbeyRoad1.jpg
ムラのあるアースカラー。高めのカカト。紐がないので結ぶ手間も、ほどける心配もない。サイドが少し伸びるので靴べらがなくても履きやすい。とんがったツマサキのデザインもお気に入り。

AbbeyRoad2.jpg
オールソールで総革底に生まれ変わった姿。
 

Category - 

0 Comments

Post a comment