Welcome to my blog

放蕩記

Article page

了山・旅行記

Category - 了山・鬼岩温泉
DSCF1703.jpg

83になる家内の両親を温泉にでも連れて行ってあげたいとかねてより思っていました。両親は名古屋から電車で1時間、車で2時間ほどの距離に住んでいます。元気だとはいえ、さすがに高齢のため遠方への旅行は疲れる。どこかよいところはないかと思案しておりましたところ、岐阜県土岐インター近くの「了庵」という森のカフェにドライブがてら出かけた折、そこが鬼岩温泉「了山」の施設であると知ります。了山をネットで調べるとなかなか良さそうではないですか。グレードの高い部屋なら露天内風呂付きの数室があり、その一つは10畳と8畳の二部屋が分かれていて、その間に檜風呂と露天風呂が備わっているというもので、両親と宿泊するには理想的な間取りでした。以前の記事に書いた「あさば」のような超高級旅館ではないですが、値段もそれほど高くなく、なにより近いことが嬉しい。11月の土曜日を予約しました。

 特別室はチェックイン14時、チェックアウト11時です。天気も良く、我が家まで来てもらった両親を乗せて、名古屋インターから土岐インターまでは35分、そこから宿までは8分ほどの快適なドライブ。土曜日の仕事を済ませてからですが16時には到着しました。旅館正面の駐車場に停めると宿の方がにこやかに出迎え、荷物を持ってくれます。名を告げるとフロントを素通りしラウンジに導かれました。抹茶とお菓子が出され、ここでチェックインの署名。特別室だからかどうか分かりませんが、高級ホテルのようなスマートなチェックインでした。

DSCF1681.jpg

 旅館の本館があるのは御嵩町、そこから橋を渡って客室のある東館、南館があるのは瑞浪市という具合で、了山は群境に位置しているのが面白いです。

DSCF1731.jpg
本館から橋を渡ると瑞浪市の看板が、

DSCF1730.jpg
客室側から本館を見ると御嵩町の看板が見えます。橋は屋根付きの渡り廊下になっており風情があります。

 客室は庭付きですが、4階だと言われ、どうなってるのか不思議でしたが、実際に見ると理解できました。ようするに広いベランダが庭にしつらえられているというわけです。露天風呂もそこにありました。ベランダと言っても壁の向こうは山の雑木林しか見えず、鳥のさえずりも聞こえ、とても建物の4階とは思えないのがユニークです。

DSCF1690.jpg
10畳の部屋から見た庭。これが建物4階のベランダだというので驚きです。

DSCF1695.jpg
二つの和室間に位置する内風呂の檜風呂と庭の露天風呂。

DSCF1688.jpg
10畳の和室。

 饅頭とお茶が出されました。それぞれの部屋に大画面液晶テレビがあります。インターネット接続は確認しませんでした(有線LAN接続環境はありません)。浴衣、タオル、一通りの洗面バスアメニティが準備されていますが、タオルの数がやや少ないです。金庫はテンキーではなく鍵式です。虫はほとんどいませんが、一応電気蚊取りを準備してもらいました。

 源泉掛け流しの共同浴場は男女別の露天風呂と内湯があります。露天風呂は屋根のない内湯のようなもので、あまり工夫が見られず面白くありません。内湯は6人ほど入ると満員になるような大きさで、床が滑りやすい上、あまり工夫がなく面白くないです。部屋の檜風呂は狭いので使いませんでしたが、庭の露天風呂は夜と朝に入りました。これは結構落ち着けてよかったです。

DSCF1732.jpg
エントランスはよいですが中身はがっかりな露天風呂。

DSCF1701.jpg
源泉掛け流しの共同の内湯もあまりぱっとしません。

DSCF1728.jpg
部屋の露天風呂だけは楽しめました。

 温泉旅館のもう一つの楽しみは食事ですね。お風呂が味気なかったですが食事はよかったです。分量も適量で、魚や茸などの素材がよく、味付けも丁度よい加減、トマトのコンポートなど意欲的な料理もあります。(写真はクリックで拡大表示されます)
●食前酒ー料理長手造り白酒。
●前菜ー吹き寄せ、トマトコンポート(まるでデザートのように甘くて美味しいトマトでした)、ロージ茸、ずわいがに和え、牛舌煮。
●造りー雲丹、かんぱち手造り、虹マスレモン〆。
●椀ーきのこそば。
●焼物ー岩魚塩焼(新鮮で実に美味)。
●卓上コンロー飛騨牛サーロイン牛すき鍋。
●煮物ー小蕪と豚肉の煮物(カブと煮豚の組み合わせが絶妙)。
●揚物ーきのこの天ぷら。
●食事ー麦とろ。香之物ー三種。
●水物ーアイスクリームと果物。
DSCF1708.jpg DSCF1709.jpg DSCF1710.jpg DSCF1713.jpg DSCF1711.jpg DSCF1712.jpg DSCF1715.jpg

夜食に口取り(お菓子)が出されました。
DSCF1719.jpg

朝食はたっぷり。大広間で。
DSCF1725.jpg

 従業員は誰もが腰が低く丁寧。「あさば」と比べるのは酷ですが、まあまあの宿でした。両親も喜んでくれましたし。


宿泊費;露天風呂付き和室 26,400円x4名

Category - 了山・鬼岩温泉

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/10 (Thu) 16:37 | REPLY |   

Post a comment